アメリ|1月|12Months Movie

映画『アメリ』映画イラストコラム|映画感想

映画好きイラストレーター3人で、その月に合わせたモチーフが印象的な映画を紹介するnote 12Months Movie を運営しています。 1月のモチーフ『ベッド』で、私がピックアップした映画は、お気に入りのマイルームで妄想を繰り広げる『アメリ』です。

pick up Movie

  • 『アメリ』yuki
  • 『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』Eika
  • 『アンダー・ユア・ベッド』丸ゐまん丸

12Months Movie『ベッドが印象的な映画』はこちら

作品情報

アメリ

原題:Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain
公開:2001年
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
脚本:ジャン=ピエール・ジュネ|ギヨーム・ローラン
出演:オドレイ・トトゥ
マチュー・カソヴィッツ

あらすじ

神経質な母親と、冷淡な父に育てられたアメリ・プーラン(オドレイ・トトゥ)。 軍医だった父親が心臓に障害があると勘違いし、学校に通わず自宅学習させられ、友人のいない幼少期を過ごしたアメリは、コミュニケーションを取るのが苦手で、妄想にふけるようになっていく。 そんなアメリが実家を出てパリで一人暮らしを始めたある日、部屋の隙間に昔の住人が隠していた“宝箱”を発見する。アメリは持ち主を探し出して“宝箱”を返却し、その人が喜んでくれたら、自分も世界へ一歩踏み出そうと考え、持ち主探しを始める。その捜索を通じて、アメリの“人との繋がり”が動き始めるー。

とってもお洒落なアメリの部屋。特に印象的なベッドルームは、ブタのモチーフ付きのランプや、動物の絵画などの可愛らしいものばかりじゃなく、全体的にはシックでアンティークなものがいっぱいあって、“子供でいたい自分と、大人になりたい自分”がせめぎ合っているような空間だと思いました。

アメリの恋愛ものという視点でも楽しめる映画ではありますが、私はアメリの親子関係変化がすごく好きで、自分を殻に閉じ込めた原因でもある家族から離れて、それでも自分の殻から出ることができなかったアメリが、他者をちょっと幸せにすることで、自分もちょっと勇気をもらう。そして、いろんな人に勇気をもらったアメリが、自分のように動けなくなってしまった父親の背中を、そっと押すことができる人になっていく。その成長があって、初めて自分の幸せに向かう勇気を持てるところに、何度見てもジーンとしてしまいます。

不器用でも、自分を上手く認めてあげることができなくても、誰かをちょっとだけ幸せにすることはできるかもしれない。そんな勇気をくれる映画です。