2021年冬アニメまとめ 19作品

2021年冬アニメはジャンプ系の作品も多く、面白いアニメがいっぱい!その中から、私が最終話まで見た2021年冬アニメ19作品をご紹介します!これからアニメを見る方の参考になれたら嬉しいです。

初めて私の記事を読まれる方のために、一応、自己紹介ですが、ジャンル関係なくとりあえず録画して見てみる派で、好きなアニメのジャンルは、日常・コメディ・ダークファンタジー・アクション・スポーツ
離脱しがちなのは、異世界ファンタジー、アイドル、ロボットです。

目次

感想書いてない作品は離脱したアニメです…

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語|裏世界ピクニック|七つの大罪 憤怒の審判|アイ★チュウ|オルタンシア・サーガ|BEASTARS(第2期)|天地創造デザイン部|2.43 清陰高校男子バレー部|五等分の花嫁∬|約束のネバーランド Season 2|ゆるキャン△ SEASON2|弱キャラ友崎くん|蜘蛛ですが、なにか?|バック・アロウ|おとなの防具屋さん(第2期)|プレイタの傷|俺だけ入れる隠しダンジョン|はたらく細胞!!|はたらく細胞BLACK|ホリミヤ|SK∞ エスケーエイト|Levius -レビウス-|怪病医ラムネ|怪物事変|スケートリーディング☆スターズ|IDOLY PRIDE|無職転生 ~異世界行ったら本気だす~|EX-ARM エクスアーム|のんのんびより のんすとっぷ|WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~|ワンダーエッグ・プライオリティ|回復術士のやり直し|Dr.STONE(第2期)|おそ松さん 第3期 2クール目|呪術廻戦 2クール目|進撃の巨人 The Final Season 2クール目

2021年冬 1番面白かったアニメ

進撃の巨人 The Final Season

進撃の巨人 The Final Season 感想

画像引用元:©諫山創・講談社
「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

作品情報

原作:諫山 創
監督:林祐一郎
シリーズ構成:瀬古浩司
キャラクターデザイン:岸 友洋
総作画監督:新沼大祐
演出チーフ:宍戸淳
エフェクト作画監督:酒井智史、古俣太一
色彩設計:末永絢子
美術監督:小倉一男
画面設計:淡輪雄介
3DCG監督:上薗隆浩
撮影監督:浅川茂輝
編集:吉武将人
音響監督:三間雅文
音楽プロデュース:澤野弘之 / KOHTA YAMAMOTO
音響効果山谷尚人(サウンドボックス)
音響制作テクノサウンド
アニメーションプロデューサー松永理人
アニメーション制作:MAPPA

おすすめ

ネタバレ避けながらふわっと話しますが、ぶっちゃけ中盤の展開は、《あ~。結局そっちか~。》とか舐めたことを思ってまして(笑)、アニメはずっと見ていたものの、連載当初よりは少し熱は落ち着いてしまった感じだったんですが………

ファイナルシーズンの2クール目から………展開すごすぎませんか!?!?!?この熱をネタバレせずにどう伝えればいいのかわかりませんが、伏線回収がすごい!なんて言葉では片付けられない…!
他の色々な物語を見ながらモヤっとしていた『戦う』ということそのものが描かれていて、殺しあうことの意味の無さと、わかっていてもやらなくてはならない使命感。繰り返される負の連鎖…。まさに世界の歴史の縮図のような作品でした。

日曜の夜に、これを見てどうやってゆっくり眠れというのか…
オープニングテーマの、神聖かまってちゃん『僕の戦争』を最初に聴いた時は、《なんだこの曲!?でも癖になる。好き》とちょっとノリノリで聞いていたののに、アニメ本編が、胸が痛くなり自然と涙が出る展開ばかりで、『僕の戦争』を聴くと涙が出る始末です。

アニメを最初っから見直し、途中までしか読んでなかった漫画も最初から33巻(次最終巻)まで読みました。改めて漫画で読むと、コマ割りとかも意図を感じて本当面白い!《中盤舐めてて本当にすみませんでした!!!笑》最終巻は6月発売なので、まだ読めてませんが、みんな幸せになっていて欲しい…。

残酷な描写が苦手で見ていない。という話をたまに聞きますが、それでも全人類見て欲しいと思う作品です。

2021年冬アニメ

SK∞ エスケーエイト

おすすめ

なんでもありのスケボーレース『S』に挑む男たちの、戦いと友情を描いたボンズ制作のオリジナルアニメ

『Free!』の内海紘子さんが監督・原作。Free!のように登場人物がキャイキャイしてるのがとっても可愛い!あと子安さん演じる愛抱夢がDIO様すぎて、ジョジョ好きなら笑ってしまうはず^^

アニメの主人公って、天才的な才能を見出すのが当たり前みたいなところあるけど、好きだからって天才になれるわけではないという葛藤に向き合う姿がとてもよかったです!

スケートボードが題材だからか、80、90年代っぽいキャラデザもとても好きでした!あと、優里さんが歌うED『インフィニティ』もエモくてとても良い。好きなものがあって、それを一緒にする仲間がいるっていいなぁ~と思えるEDでした。

なにより、若手の畠中祐くん(レキ役)と小林千晃くん(ランガ役)と永塚拓馬くん(ミヤ役)が葛藤しながら、大先輩である緑川光さん(チェリー役)と松本保典さん(ジョー役)に助けてもらい、その間に三宅健太さん(シャドウ役)!そしてみんなで、子安武人さん(愛抱夢役)に挑むっていう、このキャスティング神がかってる!!!!

ボンズさんのオリジナルアニメ、2クールでやって欲しい。1クールだとせっかくキャラを好きになったのに、急に勢いで話を畳む感じになっちゃって本当にもったいない!2期があることを願ってます!

おそ松さん 第3期 2クール目

おすすめ

ご存知、ニート・童貞六つ子のギャグ・コメディ 3期2クール目。 1クール目の新キャラ・オムスビの謎をはらんだ展開を無視して、お笑いの世界へ…。笑 一体なんのために松野家に来たんだろう…?笑

3期2クール目はパク…いや、パロディが多かったので面白かったです!それもアラフォーが懐かしくなりそうなネタ連発!『やりたい刑事』(あぶ刑事のパロ)とか、アラサーの私はなんとなく知ってる程度だったけど、ノリノリな小野Dと櫻井さんが最高でした。笑 10〜20代は置いてけぼりになってないの!?とは思ったけど、逆に新鮮なのかな〜^^

そして『実松さん』がロボコップのパロで再登場!このパロがすこぶる良くて、実松さん嫌いで有名な小野Dも、おそ松さんのラジオ『シェーWAVE』で実松さん演じて面白かった!と言っていたので良かった^^ 過去にもイヤミが主役の『街の灯』のパロもすごく良かったし(ほぼ原作のまんまだから良いのは当たり前な気もするけど。笑)、マッドマックスや、SAWとか、色々な映画のパロを入れてくるので、おそ松さんは意外と映画好きにおすすめのアニメだと思います!

おそ松さんは、メイン声優たちが、六つ子以外にも男女関係なくいろんな役をやらされてるのを聴けるのも魅力ですね!3期は『トトデレラ』(シンデレラのパロ)で、継母を演じる櫻井さんの困惑っぷりが最高でした。笑 大人気声優たちが『面白い』をどうやって引き出すかの演技バトル!どんな役が飛び出してくるのか毎回ワクワクしながら見てました。

おそ松さんの脚本家・松原秀さんがアニメ業界の裏方の人を呼んでおしゃべりするラジオ『裏方』と、イヤミ役の声優・鈴村健一さんのおそ松さんラジオ『シェーWAVE』を聴いているとさらに好きになります。公式のYouTubeでどちらも過去音源聴けるのでおすすめです!

30分番組でやらなくてもいいから、5〜10分枠でずっと続かないかな〜。

おとなの防具屋さん(第2期)

おすすめ

セクシーな防具を販売する防具屋さんをめぐる、毎週くだらなすぎるアニメの二期。笑

櫻井孝宏さん演じる店主が、めっちゃイケメンなんだけど、テキトーなセリフばかりしゃべるので、櫻井さんのイケボで変なセリフ聴きたい人にはたまらないアニメ。笑

とにかくくだらないんだけど、5分アニメなのでちょうどよい感じ^^笑

終盤に出てくる『健全さん』というキャラ(モブ)が、ドラえもんの声の水田わさびさんで、健全すぎて笑ってしまった!

怪病医ラムネ

おすすめ

悩みが原因となり、身体に奇妙な症状が現れる『怪病』。その怪病専門医のラムネと助手のクロが治療のため、患者たちの悩みに立ち向かうファンタジー医療アニメ。

ぶっちゃけトレーラー見た時はあんまり興味なかったんですが意外と面白かったです!(←失礼)

爪が唐辛子、耳が餃子などなど、怪病におかされるビジュアル的に、ファンタジー感が強いなーと思っていたんですが、患者が抱える悩みは現代的で、ラムネ先生の荒療治がよかったです。

ラムネ先生演じる内田雄馬くんが歌うOP『SHAKE!SHAKE!SHAKE!』がノリノリでとっても好き!

怪物事変

おすすめ

周囲から疎まれながら育った夏羽。探偵の隠神との出会いで、自分が半妖の子供ということを初めて知り、今まで知らなかった自分の両親のことを知るため、隠神の働く怪異現象専門の探偵事務所で働く事になるオカルト系の少年漫画。

ずっと孤立して生きてきたので、何も知らない純粋無垢な夏羽が、仲間や敵と出会いながら、色々な感情を知って成長していく王道な少年漫画なんですが、人間との価値観のズレを抱えつつも共存を選ぶ怪物たちの葛藤も垣間見えたりしてとても面白かったです!

キャラデザが素敵だなぁと思って見始めたんですが、原作読んでないけど漫画の絵もとっても可愛い!特にミハイ(CV小野大輔)が好きです!口をへの時にしてるキャラ好きなんですが、ジャージもヘッドホンも可愛すぎる!声まで神!!

五等分の花嫁∬

おすすめ

成績優秀だけど貧乏な男子高校生が、金持ちだけど頭が悪い五つ子姉妹の家庭教師をすることになるラブコメディの第二期。

私は1期で花澤香菜ちゃん演じる一花推しだったので、2期の展開が…。笑 なんでみんな風太郎がいいのかあんまりわからないけど、好きな声優さんが集まってるので、姉妹のバトルを聴いているのは楽しいですね^^

うっかりネタバレを踏んでしまい、花嫁がわかっちゃって残念なんですが、3期も楽しみにしてます!

弱キャラ友崎くん

おすすめ

格ゲーで日本一をキープしているけど、リアルでは友達もいない弱キャラの友崎と、リアルでもゲームでも強キャラの日南が、人生という『神ゲー』を攻略すべく奮闘する青春もの。

友崎はゲーム以外の自分を否定してるけど、ゲームで日本一をキープしてるなんてものすごいことだし、無理に自分を変える必要はないのに。なんだこの女(日南)偉そうに…なんて思いながら最後まで見てました^^;

結果的には、無理してでも改造すべき!という話ではなかったのは良かったかな~。

呪術廻戦 2クール目

おすすめ

身体能力の高い高校生・虎杖悠仁が、襲われた友人を救うために、特級呪物“両面宿儺の指”という呪いを食べ、体にその呪いを宿してしまい、死と紙一重に呪いと戦うダークファンタジー 1期2クール目

1クール目はとっても面白かったけど、私は少年漫画全般の修行的な展開に飽きがきているところがあって、そこまで盛り上がれなかった2クール目。でもぐるぐる回るアクションの作画と、効果の演出は圧倒されるので映像を見るだけで面白いですね!

アニメは呪詛師・夏油が何をしようとしているのかも、虎杖が戦う信念も明確じゃないので、私はまだ世の中で話題になってるほどハマってないのですが、この先の展開は楽しみです!

天地創造デザイン部

おすすめ

天地創造した神様が、動物も作ろう…と思ったけど、面倒になって下請けに出した。そして天界の下請け会社のデザイナーたちが、神様から出される無理難題に答えながら動物たちをデザインしていくファンタジーコメディ

アニメを観ながらちょこっと詳しくなれる作品大好きなんです!私は本業がデザイナーなので、無理難題に答えなきゃいけない感じと、修正が入るとおかしくなっていく感じにわかりみが深すぎてツボでした!

デザインされた初期の動物から、修正を重ねて徐々に本当にいる動物の姿になっていくので、どの動物をデザインしているのかクイズのように見れるところも好き!

96猫が歌うOP『Give It Up?』がすごくノリノリで毎週聴くのを楽しみにしてました。

Dr.STONE(第2期)

おすすめ

人間が石化する現象が起き、3700年の時が経ち地球の文明は滅んでしまう。突如、石化が解けて目覚めた化学好きの男子高校生・千空が、得意の科学で文明を復建させていく、サバイバル・科学・ファンタジーの第2期

1期が始まった時は、なんだこのネギ。と思ったのですが(失礼)、千空カッコ良すぎて大好きです!!普段は科学しか興味ないクールな感じに振る舞いながら、実はすごく熱くて、人を想って行動しているところが最高です!

力でねじ伏せるのではなく、科学でみんながより良くなる解決方法を探す。繰り返し何度もチャレンジして、不可能を可能にするのが科学。というのがめっちゃ王道展開なのに喉の奥が熱くなる!!少年漫画はこうでなくっちゃ!が詰まった作品です。

圧倒的なパワーを持ったキャラよりも、アイアンマンみたいな本人は強くないけど、そのハンデを頭脳で解決するキャラが大好きなので、3期以降もとても楽しみです!

はたらく細胞!!

おすすめ

私たちの体の中で、毎日24時間休みなく働く細胞の擬人化アニメの第二期!!

面白いし勉強になる好きなアニメ!1期でメインキャラだった赤血球さんが2期はあまりメインで出なかったのが寂しかったけど、どの話も面白かったなぁ。その回ではモブ的な細胞や菌まで、人気声優さんを使っていたりするので、声を聴いているのもとっても楽しい!

2期が8話で終わってしまったのは、コロナを入れるつもりだったのにNGが出てしまったとかの事情なんだろうか…?急に終わってしまってショックでした。

はたらく細胞BLACK

おすすめ

はたらく細胞のスピンオフ作品。不健康・不摂生を繰り返している男性が本体と思われる体内で働く細胞たち。まさにそこはブラック企業。

体を酷使したり、ストレスを貯めるとこうなってしまうということがわかりやすく、毎週見るたびに《健康に気をつけなくては…》と思わずにはいられないアニメでした。

最初は設定めちゃくちゃ面白い~!と思っていたんだけど、なんであんなに性別を意識したキャラクターデザインにしちゃったのかなぁとは思った。(はたらく細胞オリジナルだと、どの細胞も男女のキャラがいるのに、ブラックの方はどちらかしかいない細胞ばかり)

男性と女性で、職種がステレオタイプというか、今時どうなの?と思う感じもあったりしたのは気になったかなぁ。

BEASTARS(第2期)

おすすめ

草食動物と肉食動物が共存する世界で繰り広げられる青春群像劇の第2期。

正直なところ、板垣巴留先生の絵が好きなので2期になってもまだ3DCGに慣れない私。レゴシが髪切った姿が、全然かわいくなくて若干ビビりました。笑

ストーリー展開的に重い場面は続くのですが、1期から音楽が少し暗めなので、全体的なトーンが漫画より重く感じます。(自分の読むトーンがちょっと明るいだけかも。)

とはいえ好きな漫画なので3期も楽しみにしてます!

あと、YOASOBIが歌う、OP『怪物』・ED『優しい彗星』がどちらも歌・映像共に震えるほど良くてゾクっとしました。それまで『YOASOBI』の存在を認識してなかったけど、どこかで聴いたのか知ってる曲もチラホラ。と思ったらすごい勢いでブレイクしてますね!オールナイトニッポンXのパーソナリティになられたので聴いてみたら、ミステリアスなイメージだったけど、素朴な子で高感度高すぎる!…話がそれましたが。笑 オレンジ制作のアニメといえば3DCGですが、OPみたいな主線なしのタッチのアニメーション作って欲しい!!EDの手書きっぽいのも最高でした。

ホリミヤ

おすすめ

堀さんと宮村くんを取り巻く高校生たちの甘酸っぱい青春ラブコメ

ついにアニメ化!!私はコミックになった頃から読んでいたんですが、最近、年のせいか(笑)、学園ものが感情移入できなくなってきているので、動いて喋っているキャラたちが悩みながらも青春を謳歌しているのを見たら、キュン死(死語)どころか、私の乾燥しきった心が、むず痒すぎて死にそうでした。笑

でもでも沢山のキャラクターの視点から、「恋」とか「愛」とか「友情」とかって言葉で括れない関係や、青春時代の微妙な感情のゆらぎや悩みが描かれていて、とても素晴らしい作品なので学園ラブコメ好きな方には超おすすめです!

アニメはキャスティングが最高で、特に宮村の声は内山昂輝くんをイメージしていたので本当にピッタリでした!

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~

おすすめ

過去のいじめを引きずって、30歳超えても引きこもりだった男が、記憶を持ったまま異世界転生して赤ちゃんからやり直すことになったので、今回の人生こそ本気を出す!というタイトルまんまの『小説家になろう』系のアニメ。

前は『異世界転生もの』ってあんまりハマれないな~と思ってたけど、最近はなろう系の作品が増えすぎて、転生の仕方も千差万別。一言で『異世界』と言えど、見てみないとどんな話かわからなくなってきている。笑

過去の経験を踏み台にして赤ちゃんから子供へ成長していく前半のシーンはすごく好き!でも、2クール目からは世界に異変が起き始めてファンタジー感が強まるので、私は若干気持ちが離れかけているけど、作画が引くほど綺麗で素晴らしいので2期あったら見ると思う!

でも、私、エロは全然大丈夫な方だけど、子供のキャラでやるにはちょっと表現が気持ち悪いなぁとは思ったり…。

約束のネバーランド Season 2

おすすめ

かなりTwitterの感想が荒れていた2期。私はムジカと出会うあたりまでしか漫画を読んでなかったので(アニメが放送すると、漫画が途中で止まりがち…^^;)、どの辺から原作とずれていったのかわからなかったけど、確かに終盤は、こんな終わり方!?という感じはあり、改めて漫画の続き買わなきゃな~と思ってます。白井カイウ先生が監修に入るって話だったから安心して見れると思ってたんだけどなぁ。

でも、CloverWorksの作画はとてもキレイで映像としては良かったと思います!

ゆるキャン△ SEASON2

おすすめ

ほのぼの見れるガールズキャンプアニメの第2期。1期同様、キレイな景色と音楽に、ゆるゆるとした女の子たちがとても可愛い。

本気でキャンプしている人たちのイメージとは違い、これくらいならできるかも?と思える感じが良い。でも、実際やろうか考えると、片付けとかめんどくさいしなぁ。となってしまうので、アニメを見てキャンプ気分を堪能してます。笑

ワンダーエッグ・プライオリティ

おすすめ

『高校教師』『ひとつ屋根の下』『未成年』『聖者の行進』など、どれを代表作とあげたらいいか悩むくらい数々の名作ドラマを生み出している脚本家・野島伸司さんが初めて手掛けるアニメ作品。

最近、アニメ業界以外の脚本家さんの作品が増えてきてますね!『コンフィデンスマンJP』の古沢良太さんも『GREAT PRETENDER』の脚本をされてましたし、『おそ松さん』の松原秀さんもお笑いやバラエティ番組出身ですし。

私は評論家じゃないのでどう違うか説明するのは難しいですが、やっぱり空気が違うというか、アニメ独特の見せ方に凝り固まってなく感じてすごくいいですね!アニメ業界を牽引する脚本家と言えば小林靖子さんですが、小林靖子さんが脚本を手掛けたTVドラマ版『岸辺露伴は動かない』も、アニメとは違ったリアリティのある不気味さがめちゃくちゃよかったですし、アニメと実写の垣根が少なくなって、どちらも面白い作品が増えていったらとてもいいですね^^♪

話は逸れましたが、『ワンエグ』は、謎の声に導かれてエッグを手に入れた女子高生の大戸アイが、エッグの世界の中で少女たちを助けるために戦う物語。

エッグを割ると中からから出てくるのは、心に傷をおって自殺を選んだ少女たち。思春期と死がテーマなので重たさもあるのですが、ファンタジーとアクションと日常のどれも楽しめて、野島伸司さんのバランス感覚の良さがすごい生かされているアニメだと思いました。 キャラデザも作画もめちゃくちゃキレイだし、バトルシーンがゲーム『キングダムハーツ』っぽい戦い方でとても可愛い!野島伸司さんの脚本でもっといろいろなアニメが見たいと思いました!

最終回は、もう時間ないけど話まとまるの!?と思いながら見ていて、もしや話の展開が重すぎてTVじゃ放送できなくなって映画化!?と勝手に妄想を膨らませていたんですが(笑)、TVで、特別編が6月29日(火)放送するとのこと。笑 録画忘れそうで不安ですが早く見たい〜!

2021年冬アニメ まとめ

2021年冬アニメ。改めて振り返ると面白い作品がいっぱいでした!毎週沢山の素晴らしい作品を放送してくださり感謝でいっぱいです!作品数が多すぎて、見るのに追われて離脱してしまう作品がいっぱい出てきてしまうのが毎回残念…。
鬼滅のブームでアニメ業界が賑わっているイメージですが、安易に作品数を増やすのではなく、アニメーターさんたちが、より良い待遇・環境になって、もっと面白い作品を生み出していって欲しいですね!