2019年総まとめ!MY BEST FILM ランキング TOP10!|映画イラストコラム

2019年総まとめ!MY BEST FILM ランキング TOP10!|映画イラストコラム

あっという間に2019年も終わりを迎えようとしているので、今年も私の年間映画ベスト10を選んでみました!

今年は沢山観たなぁと思ってましたが、2019年公開作品、120作品鑑賞。
複数回観ている作品もあるので、映画館では131回鑑賞していました!

去年の倍以上観ていて自分でもびっくり! 去年までは基本、1つの映画館限定で観てたんですが、今年は観に行く映画館を増やしたら、予告を観る種類が増えて映画沼にどっぷりハマってしまいました。

2019年公開映画ランキングTOP10 (総合)

今年は、アベンジャーズ:エンドゲームや、スターウォーズEP9など、大好きなシリーズものが沢山あったのですが、シリーズ全体のお話があったからこその良さなので、今回は除いてランキングをつけてみました!

イラスト描いたものと描いてないものがありますが、簡易レビューを載せつつ、10位からカウントダウンしていきましょう!

10位 マリッジストーリー

Netflixオリジナル作品なのですが、映画館で先行上映をやっていたので、スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーの共演で、家族の物語なら面白そうだなと、内容を知らずに劇場鑑賞してしまったのですが、ポスターとタイトルからの予想と真逆のストーリーでびっくり!笑
冒頭のシーンで2人のことが好きになってしまって、どちらの味方になることもできず、どんどん歯車が狂っていく2人をハラハラしながら観てました。切なくも温かい余韻が残る作品です。

9位 今さら言えない小さな秘密

今さら言えない小さな秘密

他人からしたら大したことじゃないんだけど、本人にしてみたら妄想が突っ走るほどに重大な秘密を抱えた、とっても不器用で、とっても愛おしいおじさんの物語。
南フランスの美しい田舎町を舞台に、大爆笑っていうよりは、ニヤニヤ微笑ましく観ていられるほっこり映画です!

8位 バジュランギおじさんと、小さな迷子

バジュランギおじさんと、小さな迷子

2018年に引き続き、ボリウッド映画が本当に熱い!!ベッタベタの展開が、直球に突き刺さる!展開が読めるからこそ、より涙が溢れました。
こういう素直に心に響くメッセージを届けてくれるインド映画が、私は大好きです。
コミカルで、音楽も楽しいながら、インドとパキスタンの情勢を知ることができ、国や宗教、男とか女とか。括りで人を決めつけるべきではないなと常々考えさせられます。

バジュランギおじさんと、小さな迷子 レビュー

7位 ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん

ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん密

私の中で、2019年の邦画BEST1!ゲームのファイナルファンタジーをプレイしたことがある人はもちろん、したことがない人もきっとゲームしたくなるはず!
父親って1番近い存在だったはずなのに、いつの間にか上手く思ったことを話せなくなっていて、距離の埋め方がわからなくなってしまった人に、ぜひ観て欲しい作品。
小さい頃、よく父親ともゲームしたので、共感できる部分が多かった私は、胸がぎゅーっとなりました。ハマってドラマ版も観たのですが、ドラマも超いい!!
FFのプレイ画面は、この作品の原作のブロガーさんが、本物のFF-ⅩⅣを使用して演技をしているところも見どころです!

6位 女王陛下のお気に入り

女王陛下のお気に入り

奇才ヨルゴス・ランティモス監督のブラック・ユーモアたっぷりの宮廷ドラマ。ベルばらのようなドロドロとした女の戦いが好きな方はきっとハマるはず。笑
ラストのゾワっと感はホラー以上にホラーでした。(女って怖いよねぇ〜。※一応わたしも女だけど。)
それ以上に、キューブリック作品を観ているようなシンメトリックや、超広角レンズなど、なんだかわからないけど不穏感を感じる画がとても面白かったし、宮殿・衣装や、タイポグラフィなど、デザインがとにかく美しくて、観ていて飽きませんでした。

女王陛下のお気に入り レビュー

5位 アメリカンアニマルズ

ドキドキハラハラ!? ・・・違う、ヒヤヒヤだ!!

大学生が退屈な現実から抜け出すため、実際に起こしてしまった強盗事件。もー本当におバカなんですが、根が悪い子たちじゃないので、逆に救いようがなくて、いたたまれない気持ちになりました。
この映画の面白いところは、本当の犯人たちが作品に登場して、当時の事件を振り返るんですが、記憶の不確かさ、人によって真実が異なるところが逆にとてもリアル。
映像もパンフレットも、今年上位のカッコよさなのですが、犯行の手口だけが洗練されてないところがまた皮肉な感じで好きですね。

4位 アイフィールプリティ

アイフィールプリティ

最高にポジティブなガールズムービー!頭を打って目を覚したら・・・超スレンダー・超絶美女に大変身!かと思いきや、そう見えてるのは自分だけ!!笑
とにかくエイミー・シューマーの演技が爆発していて爆笑なんですが、笑えるだけでなく、周りの人を思いやる気持ち、どんな見た目でもそれぞれに悩みがあることなど、共感できる部分や心に響く部分がとっても多くて、大好きな作品です。色々映画を観て、ちょっと自分の中で埋もれてたのですが、アマゾンプライムビデオで再度観たら、すごくいい映画だなぁと改めて思いました。何度も観たいオールタイムベストの仲間入り!

アイフィールプリティ レビュー

3位 シークレットスーパースター

これは本当に大穴!!予告で面白そうだなと思わなければ、ポスターがあんまり魅力的じゃなくて気づかないところでした!(←失礼)
シンガーソングライターを夢見る少女が、YouTubeを通して自分の音楽を世界に発信するお話なんですが、こんなに温かな物語をネタバレしてから観るのはとっても勿体無いので、とにかく情報を入れずに観て欲しい作品です。
歌は別の子が吹き替えしてるのが若干残念なんですが、サントラもとても素敵で、この時期ずっとリピートして聴いていました!アミール・カーンが出るインド映画にハズレなし!ボリウッド好き必見です。

2位 グリーンブック

グリーンブック

ロードムービー・音楽もの・デコボコバディ・ぶっきらぼうな主人公。2018年に予告を観た時から、私の好きな要素集めたような映画だなと思っていたのですが、期待以上に大好きな作品でした。
マハーシャラ・アリの繊細な演技がとっても切なくて、差別の辛辣さはどっしりと心に残るのに、ヴィゴ・モーテンセン演じるトニーが、とにかく豪快でついつい笑ってしまって、心の緊張を解きほぐしてくれます。
寒い日に外から帰ったら、暖房で部屋がホカホカしているような、じんわ〜〜〜り温かい物語。笑顔がほころびます。

グリーンブック レビュー

1位 スパイダーマン スパイダーバース

スパイダーマン スパイダーバース

これは本当にシビれました!今まで見たIMAX3Dで、最高峰の映像体験!後日、2Dでも観ましたが、IMAX3Dは段違いにすごかったです。
これまでの3Dだと、映像に奥行きをつけることで画質が下がっている感じがして、2Dの方がいいなと思っていたんですが、スパイダーバースは、コミックのようなコマ割りや、テロップの出し方を立体的にすることで、漫画が飛びたしてきたような感覚が楽しめる、今までにないアニメーションでした。正直1回目に観たときは、物語が入ってこないくらい映像に圧倒されました!

アニメにはアニメの、実写には実写ならではの良さがあるので、今までアニメーションのCGがどんどんリアルになっていくことが、「アニメーション」にとって必要なのか?と、少し疑問に思ってきたのですが、私が観たかった新しいCGアニメーションはこれだったんだなと思いました。手描きアニメのように、実写では観ることができない表現が観れる作品を今後も楽しみにしています。

映像だけでなく、お話もとっても面白かったです!主人公のマイルスが住む世界で起こるピンチに、異なる次元のスパイダーマンが集結して戦うのでワクワクが止まりません!原作のアメコミを読んでないので、各キャラ初めましてだったんですが、マイルス以外のキャラも個性が強くって、他のキャラの世界も観てみたいなと思いました。巻き込まれてヒーローにならざるを得ないマイルスの失敗や葛藤、成長も、「親愛なるあなたの隣人、スパイダーマン」らしい物語で、サム・ライミ版を思い出しながら楽しめました。

前年も映画館で観たからこそ、より映像が楽しめた作品を1位に選んだのですが、今年もついつい物語以上に映像に圧倒された作品を選んでしまいました^^
Netflixのオリジナルがめちゃくちゃ面白いので、どんどん映画館離れが進みそうで心配ですが、やっぱり映画館で観るのは特別な気持ちで、大切な時間。来年も沢山映画館に通いたいと思います。

まとめ 2019年公開映画ランキングTOP10 (総合)

  • 1位 スパイダーマン スパイダーバース
  • 2位 グリーンブック
  • 3位 シークレットスーパースター
  • 4位 アイフィールプリティ
  • 5位 アメリカンアニマルズ
  • 6位 女王陛下のお気に入り
  • 7位 ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん
  • 8位 バジュランギおじさんと、小さな迷子
  • 9位 今さら言えない小さな秘密
  • 10位 マリッジストーリー
  • ※シリーズものを除く

2019年公開映画ランキングTOP10 (シリーズもの)

アベンジャーズ エンドゲーム

上記のランキングは、シリーズものを除きましたが、エンドゲーム、めちゃくちゃ泣きました。映画館で3回観ましたが全て号泣。いまだにアッセンブルって、言おうとするとちょっと目が潤んでしまうレベル。EGまでの全部の作品のみんなの頑張りが詰まっていて最高でした。

  • 1位 アベンジャーズ エンドゲーム
  • 2位 スパイダーマン FFH
  • 3位 ヒックとドラゴン3
  • 4位 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝
  • 5位 トイ・ストーリー4
  • 6位 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
  • 7位 アナと雪の女王2
  • 8位 スターウォーズ EP9
  • 9位 ドクタースリープ
  • 10位 メリー・ポピンズ・リターンズ

映像・世界観が好きな 2019年公開映画ランキングTOP10

メリー・ポピンズ・リターンズ

物語は、一旦置いておいて、ファッションやインテリア、映像の面白さや美しさが好きだった映画をランキングにしました。
私はヨーロッパの、クラシックやレトロな衣装が大好きなので、ついそういった舞台の作品を選んでしまいがちなんですが、今年はイギリスの可愛い映画が沢山観れて楽しかったです。昔から大好きなメリーポピンズが、あの素敵な世界観のまま戻ってきたのは本当に嬉しかったです!

  • 1位 女王陛下のお気に入り
  • 2位 永遠の門 ゴッホの見た未来
  • 3位 メリー・ポピンズ・リターンズ
  • 4位 英雄は嘘がお好き
  • 5位 ガーンジー島の読書会の秘密
  • 6位 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • 7位 イエスタデイ
  • 8位 アメリカンアニマルズ
  • 9位 ホット・サマー・ナイツ
  • 10位 あなたの名前を呼べたなら

ドキュメンタリーなんで、ランキングにいれませんでしたが、ロープなしで絶壁に挑む「フリーソロ」の映像は本当に足が震えました。撮影した方もさせた方もすごい。。大きなテレビがあるなら必見です!スマホじゃもったいない映像!

考えさせられる・心に刺さった 2019年公開映画ランキングTOP10

ある少年の告白

多くの人が映画を観て、何かを感じてくれたら、少しでも世界は変わるかもしれないのに。と、思う作品にも沢山出会えた1年でした。
話題のJOKERも、世の中の辛辣さに心が痛むのですが、それより前に公開だった「存在のない子供たち」は、もっともっと絶望的なところに生まれても、生きるためになんとか這いずり回っている姿が脳裏に焼き付いていて、こちらを超えるものはなかったです。主演の子は、役と同じような経験をした子なので、もはや映画というかドキュメンタリーのようなんですが、この作品を観ると、小さなことで文句ばっかり言ってる自分が恥ずかしくなります。

また、今年は去年に引き続き、ジェンダー・アイデンティティの葛藤を描いた作品も多かった印象でした。
「ある少年の告白」と「Girl」はどちらもジェンダーに悩む主人公のお話ですが、親子関係は真逆くらい違う。それなのに、どちらの作品を観ても、親子だとしても別の人間で、完全に理解し合うことはできないと感じました。世の中全体の偏見がなくなれば、こんな辛い気持ちを抱えなくていいのにね。

  • 1位 存在のない子供たち
  • 2位 家族を想うとき
  • 3位 僕たちは希望という名の列車に乗った
  • 4位 ある少年の告白
  • 5位 マリッジ・ストーリー
  • 6位 Girl
  • 7位 デイアンドナイト
  • 8位 JOKER
  • 9位 ひとよ
  • 10位 よこがお

おまけ:2019年公開TVアニメランキングTOP10

モブサイコ100 Ⅱ

劇場版アニメもランキングにしようと思ったのですが、今年は上記に出ているアニメ以外は、「プロメア」と「海獣の子供」くらいしか特筆することがなかったので、TVアニメのランキングをつけてみました!
今年は上半期すごく面白かったんですが、夏・秋ともにそこまで刺さらず、離脱してしまった作品が多かったので、最後まで観たのは、年間で38作品でした。
各シーズン、30作品近く録画してるので、こんなに離脱したのは初めてかも。映画に集中してしまったせいかな?w でも上位3位は作画・見せ方・物語ともに本当に面白くって、何度も何度も録画を観てます。もう、最高だよ!
あと、「メイドインアビス」や「まどかマギカ」など、好きな作品の再放送があったので退屈しない1年でした。

  • 1位 ジョジョの奇妙な冒険 5部
  • 2位 モブサイコ100 Ⅱ
  • 3位 さらざんまい
  • 4位 僕のヒーローアカデミア 4
  • 5位 彼方のアストラ
  • 6位 ハイスコアガールⅡ
  • 7位 ダンベル何キロ持てる?
  • 8位 ケムリクサ
  • 9位 約束のネバーランド
  • 10位 まちカドまぞく
  • 10位 同居人はひざ、時々、頭のうえ。

おわりに

今年も沢山の素晴らしい物語に出会えて本当に幸せでした!
1/10公開の「パラサイト 半地下の家族」を12月中に先行上映で観て、今年のランキングに入れたくなる衝動に駆られましたが、1年経っても衝撃が残りそうな作品なので、来年の今頃、パラサイトを超える面白い作品に沢山出会っていることを願って入れるのをやめました。笑
ちょっと2020年は環境が変わるので、今年ほど観れないかもしれませんが、更新していなかったイラストコラムも再開して、もっと好きな作品を掘り下げて行けたらいいなと思っています。

2019年も私のたわごとにお付き合いいただきありがとうございました。2020年もどうぞよろしくお願いいたします。