ジョジョ・ラビット|シネマファッション

ジョジョ・ラビット|シネマファッションイラスト|映画レビュー|戦争映画に個性的なファッションが印象的

作品情報

ジョジョ・ラビット

原題:Jojo Rabbit
公開:(製作国)2019年|(日本)2020年
監督:タイカ・ワイティティ
脚本:タイカ・ワイティティ
出演: ローマン・グリフィン・デイヴィス
スカーレット・ヨハンソン
タイカ・ワイティティ
トーマシン・マッケンジー
サム・ロックウェル
レベル・ウィルソン
スティーブン・マーチャント
アルフィー・アレン

あらすじ

第二次世界大戦期のドイツの町で暮らすジョジョは、ヒトラーユーゲントのキャンプに参加する愛国心のある少年。しかし、仲間に弱虫と言われ、空想上の友達のアドルフ・ヒトラーに弱音を吐く日々だった。ある日、当たり前に“悪い存在”と教わってきたユダヤ人の少女と出会ってしまい、ユダヤ人の弱点を書いた本を作ろうと密かにリサーチを始めるが…

映画ファッションポイント

イラストに描いたスカーレット・ヨハンソン演じる、ジョジョの母親・ロージーは、戦争中とは思えないほど派手でお洒落なファッション。

映画を観る前は、ナチス映画なのにこんな派手なファッションなの!?その辺もコメディタッチだから!?と、どんな映画なのか想像を巡らせていたのですが、映画を見終えたらファッションや背景美術ありきで大好きな映画になりました。

ナチスの人々が軍服に身を包む中、ロージーは大きな中折れハットに大柄のニットカーディガンのコーデや、赤いボーダーのニットっぽいシャツに真っ青なコートなどのコーデで、とにかく目立つ存在。戦争の最中でもアイデンティティを失わず、自立した女性であることがすごく表現されているなと思いました。物語の核心をつく部分が含まれてくるので、これ以上衣装のことを書きたいけど書きにくいのですが、パンフレットのタイカ・ワイティティ監督のコメントに、“第二次世界大戦期の映画では、茶色か灰色の服を着ているのがほとんどだけど、実は明るい色やお洒落なデザインを着ている人もたくさんいて、今日が最後の日かもしれないからお洒落をしていた”ということが書いてあって、なるほどなぁと思いました。改めてファッションにも注目しながら観直したい映画です。
あと、スカーレット・ヨハンソンは少しエロい衣装のイメージが強かったんですが、お母さん役がマリッジ・ストーリーに続き最高に最高に良くって、こんなスカヨハ様をもっと観たいと思いました。

映画の見所・感想

ジョジョ・ラビット|映画イラスト

正直、予告を見た時は、第二次世界大戦のドイツが舞台でコメディ感が強くて大丈夫か!?と思っちゃいました。でも、悪い感じのコメディではなくて、戦争の過酷さは描かれているものの、全体的にはコミカルで甘酸っぱい青春もので、すごくバランスがよかったです!

日本の第二次世界大戦下のアニメ「この世界の片隅に」は、戦争で配給が少なくなっていく中でも、工夫しながら生きている日常が描かれていましたが、「ジョジョ・ラビット」も前線で戦っている主人公の物語ではないので、実際に攻撃されるまで、なかなか戦争をリアルに捉えることができないんですよね。その空気感が少し似ていて、戦争ものだけど、ほっこりしてしまうシーンがいっぱい。戦争が悪いものって頭ごなしに見せるんじゃなくて、まだ10歳のジョジョが、大人が正しいと言った「戦争」と、大人が悪と言った「ユダヤ人」を、自分自身の目で見て知っていくところが、現代社会のフェイクニュースやSNSに踊らされてる私にはすごく刺さりました。

映画自体がとてもパワーがあって明るいので、戦争映画はちょっと気が重くなりそうで観れない…という方にもおすすめしたくなる映画です!

2020年5月20日からデジタル先行配信で、早くも観れちゃうんですよ〜!私は6月3日のBlu-ray発売をもう少し待ちますが、今年初めの映画がもう観れるのとても嬉しい!早く見返したいし、このおうち時間の間にぜひ観て欲しい映画です。